logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

金沢21世紀美術館 イベント

イベント・行事名
ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス
会期
2020年9月19日(土) - 2021年2月28日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで) 開催中
詳細
美術館初、国際的に活躍するベルギーとオランダ出身の注目作家が創り出す2人展

ミヒャエル・ボレマンス(1963年、ヘラーツベルヘン/ベルギー生まれ、ゲント/ベルギー在住)は、マネやベラスケスといった西洋絵画の伝統を受け継ぎ、圧倒的な画力をもって、目に見えない人間存在の影を映し出す作品で知られます。マーク・マンダース(1968年、ヴォルケル/オランダ生まれ、ロンセ/ベルギー在住)は「建物としてのセルフポートレイト」というアイディアを得た後、彫刻や家具、日用品や建築部材などに似せたオブジェを組み合わせ、彫刻やインスタレーションとして発表しています。絵画、彫刻、映像の各作品が展示室で会話をするように絡み合い、新しい物語を創り出す。ボレマンスとマンダースの2人展は国内外の美術館で初の試みです。

【画像】
(左) マーク・マンダース《 Dry Figure on Chair》 2011-2015
(右) ミヒャエル・ボレマンス《 Autmat(I)》 2008
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Gallery Koyanagi, Tokyo,
Tanya Bonakdar Gallery, New York/Los Angeles & David Zwirner