logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

行きたい施設一覧
行きたい施設一覧

いしかわ生活工芸ミュージアム イベント

イベント・行事名
企画展「九谷赤絵細描―筆と紅柄(べんがら)が描き出すキセキ」
会期
令和3年11月12日(金)~12月20日(月)1Fギャラリー
9:00~17:00(最終日は15:00終了)
※11月18日(木)と12月は毎週木曜日休館 開催中
詳細
九谷赤絵細描は今、静かな人気とブームを巻き起こしている焼き物の一つです。もともと赤絵は江戸時代に流行した南画の技法を焼き物に絵付けするために考え出された技法で、赤の細密描法に金彩を施したものです。明治から昭和初期にかけては「九谷」と言えば「赤絵」と言われたほど隆盛を極めた時期がありましたが、戦争で輸出が止まり、多くの職人が廃業に追い込まれました。そうした中でも数人の作家が先人の優れた作品を研究し、赤絵細描の技法を修得し、次代へと繋げました。用いられる赤色顔料のべんがらは土から採れる成分(酸化鉄)で、語源はインドのベンガル地方より伝来したことからそう呼ばれています。日本の暮らしに古くから根付いている素材で、「艶のない落ち着いた赤」は日本の暮らしを彩る色とも言えます。1mmの中に3本の線を描くほどの密度と濃淡のグラデーション、デザインの視覚効果を利用して赤一色で作品に立体感を持たせるなど、作品それぞれに伝統と現代が見事にマッチしています。赤絵細描に魅せられた重鎮から若手作家の美しい‘赤の奇跡’をご堪能ください。

出展者:織田恵美、架谷庸子、林美佳里、福島武山、福島礼子
見附正康、山本秀平、山本芳岳、吉田純鼓

入場料:無料